レスベラトロール
レスベラトロール

レスベラトロールは、ブドウや赤ワインに存在するポリフェノールの一種です。原料には純度99%以上のトランスレスベラトロールであるResvida®(レスビダ)を1カプセルに50mg配合しています。
一日目安量はヒト試験を実施して決定しました。

品名/レスベラトロール
内容量/60カプセル(256mg×60=15.4g)
推奨量/1日1カプセル
販売価格/8,640円 (税込)

カートに入れる

レスベラトロールとは?

ブドウの皮や赤ワイン、ピーナッツの赤皮などに多く含まれるポリフェノールの一種で、厳しい環境下で生育する野生の植物が強い紫外線や病原菌から自分の体を守るためにつくる防御成分のひとつと考えられています。長寿遺伝子として知られるサーチュインの発現上昇、ミトコンドリアの機能改善などに関与することが知られています。

不妊治療クリニック用レスベラトロール

ヒト試験を実施し、適切な1日の摂取量を確認しています。また、原料には有効性や安全性についてのバックデータが最も豊富なResvida®(レスビダ)を使用しています。

マウス試験において卵子の質が改善

加齢マウスを4つのグループにわけ、contro(lレスベラトロールなし)、1wk(レスベラトロールを1週間摂取、12wk(12週間摂取)、22wk(22週間摂取)、young(若齢マウス)の体外受精の成績を比較しました。その結果、レスベラトロールを摂取した老齢マウスの胚移植後の治療成績は若いマウスと同じレベルに改善されました。

生殖医療補助のための摂取量

健常ボランティア女性にResveratro(l50mg)を1日1回、7日間摂取してもらい、最終摂取時から14、19時間後に血中Resveratrol濃度をLC/MS/MSにて測定しました。その結果、当製品1カプセルでマウス試験で卵子の質の改善に有効な血中濃度に達したことを確認しました。

当クリニックでの推奨摂取量の目安

・1日1カプセル(50mg)を目安にお召し上がりください
・採卵(排卵)後、妊娠中は摂取をお控えください。

ご注意

・水分の付着が変色等の原因となります。
・開封後はお早めにお召し上がりください。

配合内容 (1カプセル280mgあたり)

成分名 配合量
トランスレスベラトロール(resVida®) 50mg

原材料

デキストリン(国内製造)、trans-レスベラトロール/HPMC、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素

原材料の原産国/加工国

原材料 原産国/加工国
デキストリン タイ/ 日本
trans-レスベラトロール インド/ インド
HPMC アメリカ/日本
ステアリン酸カルシウム インド / 日本
二酸化ケイ素 オーストラリア / 日本

製品特長

原料1: Resvida®(レスビダ)の特長
純度99%以上のトランスレスベラトロールで、ブドウの皮等に含まれるレスベラトロールと同じ形態です。

原料2: Resvida®(レスビダ)の安全性
EFSA(欧州食品安全機関)による安全性資格認定、FDA(米国食品医薬品局)Self affirmed GRAS取得。

摂取量: ヒト試験により1日目安量を決定
ヒト試験を実施し、生殖医療の補助に適切な1日目安量を決定しました。

原料2: 国内のGMP認定工場にて製造
安全性と品質の維持のため、そして、万が一の際に迅速な対応が可能な日本国内のGMP認定工場にて製造しています。